西川口プロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相模湖 water link

water linkが開催されている相模湖で、 water link 企画の木下朝美さんと、江藤友美(ノボリト・アート・ストリート)、増井真理子(Nishikawaguchi Project)、桑原知子とで、話をいたしました。

相模湖の水上で展示をおこなっている木下さん。
権利や許可の問題などを・・・これを実現させているのはすごい。。。
のどかで、ゆったりとした町並みと湖と山。旅行のようで、わくわくしてしまいます。

使用しなくなった船着場を使用しての、Kim Kwangwooさんのインスタレーションは、
日が沈む頃の光景が、とても厳かな作品です。

【屋外】

2008年10月12日(日)~10月26日(日)

【相模湖交流センター アート・ギャラリー】

2008年10月11日(土)~10月13日(月)


sagamiko.gif

このような感じで、くさっぱらに、ブルーシートを引いて、5人ではなしをはじめました。

sagamiko2.gif

登戸アートプロジェクトをされている江藤さんのお話は、今、自分が考えていたり、悩んでいたりしたことに対して、いろいろと考えられて実践していることを聞くことが出来、今後の活動にすごく参考になるお話を聞くことが出来ました。
実行委員やボランティアさんについてや作家さんとのやりとりについてを、いろいろと聞かせていただきました。

つくばのほうでギャラリーでお仕事をされていた、桑原知子さんのお話は、同じレンタルギャラリーをやる立場として、切実な状況を聞くことが出来。地域にある、小さなレンタルギャラリーは、市とかがやっている場所のように予算があるわけではなく、都内にあるギャラリーのように界隈があるわけでもなく。無い事尽くしの中、フットワークの軽さや地域とのつながりなどを生かして、いろいろと模索して、実践していっています。

このような場を設定してくださった、木下さんに本当に感謝★です。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。